This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > リラックスで快眠 > リラックスして快眠

リラックスして快眠

ぬるめのお風呂にゆっくり15~20分、お湯の量は胸の辺りまでにして浸かる半身浴は、もう既に実践されている方も多いでしょうね。美容、健康法、ダイエットのひとつでもありますし、体の芯からしっかり温めるので

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

ぬるめのお風呂にゆっくり15〜20分、
お湯の量は胸の辺りまでにして浸かる半身浴は、
もう既に実践されている方も多いでしょうね。

美容、健康法、ダイエットのひとつでもありますし、
体の芯からしっかり温めるので、
病気の治療にも進められていますよね。

もちろん、睡眠にも良い効果をもたらしますよ。(^^)

ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、
カラダの表面だけでなく、血液がじわりじわりと温められ、
体内の深いところまで温まります。
その結果、血行がよくなって体温が上がりますが、
しばらくすると、カラダがこもった熱を放って体温を下げ、
眠る準備が整います。

この温度差がポイントなんですね。
この体温の上がり下がりが、よい眠気を招きます。
睡眠の質や寝つきも向上するので、
おふろは、ぬるめでゆったりと入るようにしたいものですね。

足のマッサージでほかほか

マッサージルームでも、
フットマッサージは人気のコースですよね。
全身マッサージよりお手軽で、時間も短く済みますし、
その分お値段もお手頃です。
そういえば、私が出産した産婦人科では、
入院期間中に1回だけフットスパとフットマッサージの
サービスが受けられる特権がありました。

フットマッサージの魅力は、なんといってもリラックス効果。
やみつきになりますよね。マッサージの効果もバツグンで
足の血行を改善し、冷えの解消、全身も温かくなります。

寝る前や足が疲れた夜などにすると、
キモチも落ち着いて、体も温まり、
とっても眠りやすい状態になりますよ。

特に難しいことはなく、腰掛けてふくらはぎから下を
ゆっくりマッサージしましょう。
足の指の間を広げて、1本1本動かしたり
足の裏をもんだり、足首を回したり、キモチ良い程度が目安です。

日記を書いて今日をリセット

日記を書く習慣がある人はいらっしゃいますか?

日記を書くと、その日の出来事を振り返って、
整理をつけることができるようになり、
落ち着いて物事を捉えることができますよね。
イライラしていても、文章にすることで多少はスッキリしますし、
遠慮なく好きなことをさらけ出せる場所があることは、
とても良いことです。

色々考えたまま布団に入っても寝ることはできません。
それなら、日記でも書いて、今日のことは今日のこと、
区切りをつけてリセットしましょう。

最近では、ブログが主流ですが、
落ち着くためなら日記のがオススメです。
寝る前にパソコンのモニターを見て、書いたり直したり、
結構な時間がかかりますし、目が覚めてしまいます。
時折、コメントを読んで、ムダにイライラしてしまったり、
気が付いたら、ネットサーフィンしてることもありますね。(^^;;

複式呼吸でリラックス

普段、自分の呼吸に意識をすることはあまりないですよね。
呼吸は勝手にしていますよね。(^^;;

呼吸にクローズアップすると、私たちがしている呼吸は、
胸式呼吸と言って、比較的浅い呼吸です。
一般的に、胸式呼吸には女性が多いとされています。

私は、女性は妊娠するから腹でなく胸で呼吸すると
聞いたことがありますね。

これとは逆に、腹式呼吸と言うものがあります。
おなかが大きく膨らんだり、縮んだりする
ゆったりした大きな呼吸です。
多くの酸素を取り込むことができるので、
リラックス効果が高く、血圧も落ち着くなど、
メリットがたくさんあります。

では、睡眠に良い効果をもたらすのはどちら?
もう答えは明確ですね。

お布団に入ってからで構いません。
仰向けに寝て、ゆっくり鼻から息を吸い込んで、
お腹が膨らみきるまで吸い込みます。
吸い込んだら、お腹が凹むことを意識しながら、
鼻から息を吐ききります。

たったコレだけのことを2〜3分繰り返すだけで、
リラックスして眠気が催してきます。
とてもカンタンですので、入眠儀式としてもオススメです。

心を癒す音楽を聞く

心地よい音楽がリラックス効果を与えることは、
広く知られていますよね。ゆったり美しい音色は、
脳がリラックスしている状態の脳波(α波)を多く出します。

このサイトでは、リラックス方法をたくさん紹介してきました。
「またリラックスかい!」とツッコまれそうですが、
ゆったりとリラックスすることは、スムーズに寝付くために、
良い睡眠をとるためにとても重要なことなんです。

いくら好きだからと言っても、ロックやパンク、
ヘビメタなどのジャンルは、睡眠には向かないかも知れません。
ノリノリだと、眠りにくいですよね。
できれば、自然の音に近いもの、あまり楽器を多く使わないで
静かに奏でるような曲がオススメです。

私、お経で眠くなるんですけど、
さすがに、夜中にお経は怖いですよね…。(^^;;

人だけでなく、酪農や農業でも多く使われていますね。
音楽を聞いて育った牛は、
ミルクの出が良くなったり、肉質が良くなったり。
野菜はとっても甘くて美味しいものができるそうですよ。(^^)

リラックスできる色はブルー

部屋の大部分を占める壁とカーテンですが、何色ですか?

うちは、グレーと白…です。
タバコのヤニで黄ばんでる部分もありますね…(^^;;

なぜこんなことを聞くかと言うと、
見ると、リラックス効果の高い色があるからなのです。
さてさて、何色だと思いますか?

そう、ブルーだそうですよ。

実験の結果で、青い光を見ると、血圧が下がり、
呼吸がゆったりとして、マバタキの回数が減るということが
発見されています。青を見るとリラックスするのは、
青は空の色、海の色だからでしょうかね?(^^)

そこで、イチバンリラックスをしたい寝室は、
ブルーでコーディネイトしてみてはいかがでしょうか。
カーテンや寝具はブルーにしやすいですよね。
パジャマもブルー、バスタオルもブルー、
ぜひ、青の癒し効果を体感してください。

逆に、興奮するのは赤だそうです。
すると、女の子によくあるキュートな部屋で
真っ赤やピンクでコーディネイトしている場合は、
どうも快眠より興奮を誘うことに、…なるのかな?f(^^;)

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005