This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > リラックスで快眠 > 快適な寝具で快眠 > 熱い夏の快適な睡眠環境とは

熱い夏の快適な睡眠環境とは

最近人気のお笑いタレントさんのネタで、
女子高生のバイトの休憩時間風景をマネするのですけど、
その中で「冷房18度、超笑える」って
リモコンのスイッチを押すシーンがあります。

私にとっては、18度なんてありえない設定温度ですけど、
若い人、暑がりな人にはそうなんだろうな〜と関心しました。
早く効かせたくてそうするんですよね。「最強になれ!」って。

夏は暑いので、エアコンつけっぱなしの部屋も多いでしょう。
しかし、エアコンをつけたまま寝ると
疲れが取れなかったり、だるさが残ったりしませんか?

これは、一晩中エアコンに体温を奪われてしまうので、
カラダが体温維持活動をするため、熟睡できないのです。

かといって、つけてないと暑くて逆に眠れませんよね。

そこで、上手な夏の寝かたなのですが、
寝る前の1時間前ぐらいから部屋と寝具を冷やしておいて、
実際に寝る時は26〜28度の温度設定で
1時間だけついているようにタイマーをセットします。
これで寝苦しかったら、除湿する、
扇風機を併用するなどすれば、
少しは楽に眠れるようになりますよ。

cms agent template0035/0036 ver1.001