This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > リラックスで快眠 > 快適な寝具で快眠 > 寒い冬の快適な睡眠環境とは

寒い冬の快適な睡眠環境とは

寒い冬は、布団にもぐりこむのも億劫ですよね。
入ってしまえば、しばらくすれば出たくなくなるほど
温かくなるのですが、寝ばなが寒いのが困りモノですよね。

自分の体温だけだと、温まるのは温まりますが、
入ってすぐが冷たくて、目が覚め、寝つきが悪くなります。

寒い冬に快適に眠ろうとするならば、
夏と同じで、部屋と寝具の温度調整がポイントです。
寝る1時間ぐらい前から、
設定温度18〜20度で、部屋を温めておきます。
電気毛布やゆたんぽもオススメですよ。

また、冬は湿度が低いので、
口の中がカラカラになり、目が覚めることもあるでしょう。
そんな時は加湿器を使うと良いです。
快適な湿度の50〜60度を保つこと。
また、加湿はインフルエンザなど風邪の予防にも効果的です。

これからキャッシング 比較を考えるなら

cms agent template0035/0036 ver1.001