This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > リラックスで快眠 > 生活習慣改善で快眠 > 夜中に強い光を浴びないで

夜中に強い光を浴びないで

体内時計のしくみを理解していただけたら、
人工的な強い光が睡眠に与える悪影響が、
容易に推測できることでしょう。

太陽の光だけでなく、人工的な光、
電球や蛍光灯など明るい部屋で長い時間起きていると、
体内時計はもれなく狂い始めます。
夜になるとおひさまが沈んで、暗くなって眠くなる時間なのに、
明るいままなので、体内時計が混乱するのですね。

そうすると、寝付きにくくなりますし、
寝るタイミングが後ろにズレるわけですから、
朝も早い時間に起きることが出来なくなります。
疲れも十分に取ることはできません。

ね、夜は暗くなったら、早いうちに寝ましょう。
10時以降は、できるだけ静かに、落ち着いて過ごして
早い時間に寝ることが、安眠を得るためのコツです。

cms agent template0035/0036 ver1.001