This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > リラックスで快眠 > 生活習慣改善で快眠 > 光で体内時計を合わせよう

光で体内時計を合わせよう

体内時計に狂いが生じていると、朝に起き辛かったり、
睡眠に満足感がない、寝つきが悪いなど、
よい睡眠をとることができなくなります。

体内時計を正しく動作させるために、
自然のリズムを取り戻すようにしなくてはなりませんね。

体内時計の調節は、朝の光、太陽などを
浴びることでリセットされる、でしたよね。(^^)

ですから、夜寝るときには、カーテンを閉めて寝る方が
ほとんどでしょうが、カーテンを閉めないで
朝日が入るようにして寝てください。
朝が来たタイミングで太陽の光が差し込み、
寝ならがらでも浴びれば、体内時計は朝に調整されますよね。

これだけで、朝が起きやすくなります。
子供が起きないで困っているお母さん、
起す直前ではなく、早めにカーテンを開けて、
目覚める準備してあげると良いですよ。

全開が無理なら、小窓だけ、少しだけでも。
家族がいる方なら、起きる予定時間の30分ぐらい前に
カーテンを開けてもらうよう、ちょっと甘えてみてください。

cms agent template0035/0036 ver1.001