This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > リラックスで快眠 > 小技で快眠

小技で快眠

ハーブの香りが睡眠に良い効果をもたらすことはご紹介してきましたね。(^^)ハーブを使ったグッズは色々販売されていますが、どれも買ってから開けてみるまでどんなニオイがするのか、価格と見合ったものなのか。

手作りハーブグッズに挑戦

ハーブの香りが睡眠に良い効果をもたらすことは
ご紹介してきましたね。(^^)

ハーブを使ったグッズは色々販売されていますが、
どれも買ってから開けてみるまでどんなニオイがするのか、
価格と見合ったものなのか、躊躇する時があります。

そんな時は、自分で作ってしまいましょう。
ハーブを育てるところから始めても良いです。
なぜなら、フレッシュハーブティーを楽しめるから。
カモミールのフレッシュハーブティーは
可憐な白い花をカップに浮かべるだけでも、癒されますよ。

育てるのが無理な方は、精油を購入しましょう。
エッセンシャルオイルという名前で販売されている、
ハーブの薬効・香り成分の抽出液で、大変濃度が濃いものです。
直接肌に触れないようにする、希釈することはモチロンですが
1本あれば、生活用品から掃除用品まで
様々な用途に使えるので、お気に入りの香りを見つけて、
手作りグッズに挑戦してみてくださいね。

比較的簡単に作れるものは、せっけんや入浴剤。
ルームフレグランスやフレッシュナーにすれば、
ほのかに香るハーブの香りが、リラックス効果をもたらして、
安眠へと導いてくれますよ。

手足の血行を良くしよう

小さな子供って、眠たくなってくると、
手足がとっても温かくなるんですよ。ご存知です?(^^)

ちょっと子育てに慣れたママや、おばあちゃん達は、
子供がグズグズしてくると、手を握って
「この子、眠たいのね」と子供のサインを肌で感じ取ります。

コレと同じ、かどうかはハッキリはしていないんですけど、
オトナになると手足って、どっちかと言うと冷たいですよね。
特に女性は、コタツの中で足が触れ合うと、
相手に「ヒヤッ!冷て!」とビックリされたりした経験は
お持ちでないでしょうか?

手足が冷たいと、どうしても寝付きにくいものです。
これは、血行が悪くなりやすいので仕方もないのですが、
できるだけ血液の循環を改善しなくてはなりませんね。

こんな時には、ぜひ足の裏に刺激を与えてあげてください。
健康グッズを使うもよし、タワシをつかうもよし。
100円ショップでも色々なマッサージグッズが売っていますので
グリグリ、ゴシゴシ、心地よい程度の刺激を与えましょう。

足の裏をマッサージして揉み解していると、
手足だけでなく、カラダが温まってくるんですよ〜。
お気に入りのドラマを見ながらとか、ぜひお試しくださいね。

不眠に聞くツボ「湧泉」「労宮」

人間の体中には「ツボ」と呼ばれる、
見えない圧しポイントがたくさんあるのは、
皆さんご承知のことですよね。

ツボを刺激すると、血行がよくなるとか、
カラダのだるさを取るとか、色々な良い効果があります。
もちろん、睡眠にもよいですよね。

特に、手のひらや足の裏にはたくさんツボが集まっていますが
場所からして、セルフサービスでも圧しやすいのです。
プロに頼まなくても、自分でできることなので、
ぜひ、ぜひ、試していただきたい方法です。

不眠に聞くツボ、2つ、カンタンですので覚えてくださいね。

足の指をギュッと握ると、
足の裏の中心から少し上の部分が凹みます。
ここが、かの有名な「湧泉」、”圧せば命の泉湧く〜”です。
もうひとつ、手をすぼめて手のひら真ん中あたりの「労宮」。
疲れが溜まる場所、そのままの名前です。

この2箇所を、イタ気持ちいい程度に刺激しましょう。
寝る前などのリラックスしている時が効果的です。

私なんか、ちょっと圧すだけで、
手のひらにじわっと汗が滲んできますよ〜。(^^)

動物の癒しパワーを拝借する

欧米で始まったアニマルセラピーと言う治療法があります。
日本でも、すでに取り入れいる病院や、介護施設などもあるので、
耳にしたことがあるのではないでしょうか

アニマルセラピーとは、動物介在療法です。

動物と触れ合うことで、動物が好きな人は
孤独感が和らいだり、優しい気持ちが生まれます。
その結果、和やかなムードが生まれ、リラックスすることで、
精神の安定を促したり、生きる力を与えるなど
様々なことに大きな影響を与えると実証されています。

欧米では、こういった癒し効果だけでなく、
医師や獣医師がもっと積極的に、踏み込んだところで
本格的に治療に取り入るケースも見受けられます。

動物といると眠くなっちゃって、ついウトウトと。
こんな経験は、動物の持つ癒しパワーなのでしょうね。
例えば、1人で孤独感を感じている人などは
動物といて、孤独感が和らげることで
不眠を解消できることもきっとあるでしょうね。(^^)

寝る!と自分に暗示をかける

人の思い込みがカラダに働きかけるモノは
とてつもなく大きいですよね。

昔から「病は気から」こういいますよね。

不眠の人が「私は眠れないんです」と
そう思っているから本当に寝られなくなってします。
コレはウソみたいだけれども本当の話で、
こういうタイプの不眠患者は、非常に多いのです。

自分は眠る、眠る、眠れるんだと、思うこと。
自分を信じ込ましてみてください。
病的な原因でなければ、
きっと寝ることができるようになります。

風邪薬で有名な実験の話がありましたよね。
風邪をひいた人半数には風邪薬、
半数には「とてもよく効く薬」と言って、小麦粉を渡すと、
小麦粉の人のがよく治るという逸話です。

ヒツジが1匹も、実は「眠る」の自己暗示。
でも、実は、日本語じゃ全く効果がありません。
ヒツジを現す英語の「シープ」。
ほら、英語の「スリープ=眠る」に似ているでしょう?(^^)

口では、シープ、シープって言っているけれど、
スリープって言っているようなもの。眠る自己暗示です。
だから、眠たくなってくるのですね。

ストレスを吐き出そう

ちょっと嫌なことがあると、
同意してくれる人に聞いてもらうと楽になりますよね。
私もケンカすることがあると、仲のいい友達に
ハナシを聞いてもらったりします。
そうすると、不思議と楽になりますし、
話している間に他の考え方や、自分の非にも気付いて、
気持ちが次第に落ち着いてきます。

ですから、不眠にもストレスは大敵です。
嫌なことや失敗したこと、気に入らないこと、怒り。
こういったマイナスのストレスを抱えていると、
意識をしていないつもりでも、心の中ではウジウジ考えていて、
なかなか寝付けなかったりするものです。

こんなものは、寝る前に吐き出してしまいましょう。

吐き出し方としては、大声で叫ぶ、電話する、
メール色々方法はありますが、紙に書きなぐるのが一番。
これなら、誰にも迷惑がかかりません。

紙に書くと、人に聞いてもらうのと同じ効果があります。
嫌なことを抱え込んでいる間は、
思考が嫌なところで堂々巡りをしてしまうのですが、
書き出すことで、思考の転換をすることができるのです。

ただ、無理にしなくてもいいです。
これは、気が向いたらいつでもできる心の整理方法ですので、
覚えておいてくださいね。

寝ながら足を温める

足は、快眠を得るためのとっても重要なカラダのパーツです。
ここまで、ツボを刺激する、温める、足良くするなど、
足からのアプローチをたくさんご紹介して来ました。

足元が暖かいと、ホカホカしますよね。
お布団の中で、ぬくたくて、きもちよくて、安心して、
リラックスして眠ることができます。

でも、マッサージやツボの刺激で温まっても、
少しづつ体温は落ち着いてきます。
途中で目が覚めたりしたときに、足が冷たかったりすると、
また寝にくくなることもあります。

そんな時は、湯たんぽや、カイロ、温湿布を使いましょう。
湯たんぽなら、一晩中足元を温めてくれて、なんといってもエコ!
今、もっとも注目されている暖房アイテムですよね。
レンジでチン!して温めるタイプもあるんですよ。
カイロには足裏用がありますし、
温湿布なら、足裏のツボにあたる部分に貼るようにすると、
更に効果的です。

何かを貼った時は、翌朝必ず剥がしてくださいね。
かぶれなどの肌トラブルになりやすいので、気をつけてください。

保温シートで体温維持

通販のページで、銀色のマントに身を包んでいる写真を
見たことはありませんか?ダイエットスーツではなく、
毛布サイズのアルミホイルのようなもの。

これ、保温シートなんですよ。
防災用になんて書かれていますが、
普段、寝るときにもモチロン使えるスグレモノです。

特に、NASAが宇宙服のために開発したとされる
特殊なアルミ繊維の保温シートは、超軽量で体温を逃がしません。
睡眠中の体温が下がりやすい人、
お値段はモノによってそれぞれです。
冷えて眠りにくい人には、重宝するアイテムですよね。

全身用でなくとも、ブランケットサイズもあります。
特に、眠りにくい時は、手足の保温を万全にすると良いですよ。
もっとも安上がりな方法は、アルミホイルです。
カサカサいいますけど、背に腹は変えられない…!(^^;;
両手のひじから下と、両足の甲と裏を巻くように包んで
寝ると、保温効果を体感できますよ。
結構、汗ばむので、アルミホイルをタオルなどの布で挟む、
これは、上級者のテクニックです。(^^)

目の疲れは睡眠の大敵

目の疲れで悩んでいる方いらっしゃいますか?

日常生活では、目を酷使することばかりですよね。
仕事をしていても遊んでいても、
目からの情報は、常に入ってくるものです。

具体的に疲れを感じていなくても、目の疲労は相当なものでしょう。

特に、睡眠時間を削ってモニターに向かっている人!
遊んでいたり仕事をしたりしていても、
同じように目は疲れています。
目の疲れは寝つきを悪くするだけでなく、
蓄積して肩こりなど他の場所に悪影響を及ぼすこともあるので、
目の疲れも取るようにしてあげてください。

アイピローなるものも販売されていますが
一番カンタンな方法は、濡らしたタオルを絞って、
レンジで1分チンした蒸しタオルを、目の上に乗せる方法です。
血行がよくなり、じわーっとした温かさが
とっても気持ちいいですよ。

ヤケドには十分注意してくださいね。

起き抜けのおやつでスッキリ

某番組で、ゲストの芸能人がオススメの銘菓を持ってきて紹介するコーナーがあるんですけど、ご存知ですか?
こういうので紹介されると、爆発的に売れるみたいですね。

そこで、そのときに使われる言葉は「おめざ」

おめざって聞き慣れないでしょう。
これ「おめざまし」の略で、子供が目を覚ましたときに
与えるお菓子のことを指します。
広辞苑にも紹介されている、昔からある言葉なんですね。

起き抜けにお菓子〜?!って思いますが、
朝にフラフラってなる方や、スッキリしない方には
効果があるかもしれません。
糖分は脳や神経のエネルギーになりますし、
ガムや固いものは噛むことで刺激が与えられスッキリします。

だから、朝ごはんは重要なんですよ。(^^)
問題は、そうです、食べ過ぎですね。
そのままゴロゴロ食べながら寝ちゃうなんてコト、
絶対に許しませんからね〜!(=v=)

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005