This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > 快眠のための食事 > 食べて快眠 > 快眠ホルモンを食べよう!

快眠ホルモンを食べよう!

快眠ホルモンとは「メラトニン」のことです。

メラトニンは、日光を受けることで生成・分泌される
自家生産ホルモンですので、
明るくなったら起きて、暗くなったら寝る、
一般的に言う「普通の生活」をしていれば、
特に不足することはありません。

しかし、ちょっと不規則な仕事や、昼夜逆転生活をしていると、
この生成サイクルが狂いやすくなりますし、
お年寄りになると、メラトニンの分泌が少なくなるために、
朝早く起きる現象などが起こります。

メラトニンは、アメリカではサプリメントとして
注目を集めているので酢が、
日本ではまだ医薬品として認可されていません。
個人輸入が出来ないわけではありませんが、
やはり、正式に認可が下りるまでは、少し待つほうが無難です。

現在できることは、食べ物からとること。
メラトニンを多く含む、ナイトミルクもオススメですが、
青汁の原料ケールや、アメリカンチェリーなどに含まれています。
メラトニンの分泌量が増え始める時間帯、
つまり、夕方から夜にかけて食べるのがオススメです。

cms agent template0035/0036 ver1.001