This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > 快眠のための食事 > 食べて快眠

食べて快眠

快眠ホルモンとは「メラトニン」のことです。メラトニンは、日光を受けることで生成・分泌される自家生産ホルモンですので、明るくなったら起きて、暗くなったら寝る、一般的に言う「普通の生活」をしていれば。

快眠ホルモンを食べよう!

快眠ホルモンとは「メラトニン」のことです。

メラトニンは、日光を受けることで生成・分泌される
自家生産ホルモンですので、
明るくなったら起きて、暗くなったら寝る、
一般的に言う「普通の生活」をしていれば、
特に不足することはありません。

しかし、ちょっと不規則な仕事や、昼夜逆転生活をしていると、
この生成サイクルが狂いやすくなりますし、
お年寄りになると、メラトニンの分泌が少なくなるために、
朝早く起きる現象などが起こります。

メラトニンは、アメリカではサプリメントとして
注目を集めているので酢が、
日本ではまだ医薬品として認可されていません。
個人輸入が出来ないわけではありませんが、
やはり、正式に認可が下りるまでは、少し待つほうが無難です。

現在できることは、食べ物からとること。
メラトニンを多く含む、ナイトミルクもオススメですが、
青汁の原料ケールや、アメリカンチェリーなどに含まれています。
メラトニンの分泌量が増え始める時間帯、
つまり、夕方から夜にかけて食べるのがオススメです。

快眠にオススメの栄養成分

いい睡眠を得るために、睡眠薬を手に取るようではいけません。
睡眠という、人に備わった機能を正常に保つためには
食品から、健康的に治していかなくてはなりませんよね。

健康維持のために、バランス良い食事は必要不可欠です。
その上で、睡眠によいとされる成分を
上手に取り入れるように、心がけましょう。(^^)

【ギャバ:興奮を抑る】
 発芽玄米や、味噌、豆乳などによく見かける成分。
 アミノ酸の一種で、抗不安剤の多くに
 ギャバの動きを促進する効果があります。

【DHA:ストレスに強くなる】
 脳に効くとウワサの成分で、青魚に多く含まれます。
 ストレスにもオススメです。

【トリプトファン:催眠効果】
 不眠解消のサプリメントにも使われるアミノ酸の一種。
 牛乳、チーズ、ごま、かつおなどに含まれます。

【硫化アリル:催眠効果】
 タマネギやニラ、ネギなどのあの独特のニオイがこれ。
 意外ですが、疲労回復、気分を落ち着ける効果があります。

【カルシウム:ストレス解消】
 イライラにはカルシウムとよく言いますよね。
 海草や、小魚、アーモンドをどうぞ。
 ビタミンDが吸収を助けます。

【ビタミンC:ストレス解消】
 酸っぱーいイメージのおなじみのビタミンC。
 ストレス解消によく効きます。
 サプリメントもお手頃価格です。

【ビタミンB群:精神安定・リラックス】
 不眠に総合的に作用します。
 幅広い食品に含まれ、サプリメントもオススメです。

食事は就寝3時間前でストップ

人気の女性モデルやタレントが
好きなものは食べたいだけ食べるけど、
体型を保つために寝る前○時間はモノを食べない、とか、
夕方○時以降は一切食べ物を口にしない、など、
自分なりの健康法をテレビなどで披露することがありますよね。

マネしたら私も…!とスグに思ってしまうのですが、
彼女達は、ステージで通常の人の何倍もカラダを動かしていて、
その上でこういった美の秘訣を述べているわけで、
全ての人にキクというのは、夢のようなハナシです。

しかし、寝る前に食べないことは、
よい睡眠のためにはとってもよいことです。

寝るときに胃に食べ物が入っていると、
消化器官に負担がかかりますし、肥満の原因になります。
消化活動のためにエネルギーを使うので、
カラダは活性化して興奮状態です。

…これでは寝ることはできませんよね。(^^;;

食べたものが消化されるには、約3時間かかります。
また、満腹も止めて、ほどほどに。
あっさりしたものを摂るようにすると、栄養バランスも良く
カラダも落ち着いて、よく眠れるようになります。

従って、脂っこい重い食べ物は、お昼にするのが正解ですね。

空腹すぎても寝られない

満腹すぎても寝られないし、お腹がすいても眠れない…(^^;;

そうなんです、お腹がすきすぎても
ヒトって、眠れなくなってしまうんですよね。
この経験、誰でもありませんか?ないですか?

この現象は、お腹が空くと、血液中のブドウ糖、
いわゆる血糖が下がり、低血糖の状態になります。
軽い低血糖では、めまいやだるさ、空腹感が現れます。
これは、脳が出す危険信号なので、
放置しないで、ブドウ糖の補給をしなくてはなりませんね。

どうしても眠れないときに食べるものの、鉄則があります。
それは、胃に負担をかけないものであること。

こんなとき、ホットミルクを思い浮かべますよね。
牛乳には、催眠効果のあるトリプトファンが含まれているので、
眠れないときにもピッタリで、理にかなっているんですよ。

この他は、ブドウ糖の元となるおかゆを少し食べたり、
バナナなどもオススメです。

間違っても、
インスタントラーメンなんか作らないように…!

ホットミルクの謎に迫る

「眠れない夜はホットミルク。」

これ「風邪のときのたまご酒」のように定番ですよね。

でも、私は経験したことありません。
眠れないからと言って、暖かくなったお布団から出て、
わざわざ牛乳をチンするのかを思うと、
それだけで「そんなのいいや」と丸まってしまいます。
オマケに、私、牛乳ニガテなんですよね、
いつでも、冷蔵庫に入ってないし。

どちらかというと、こういう方のが多いのではないですか?
子供が、ママに作ってもらうようなイメージが
ふんわりと浮かびますよね。

ホットミルクが眠れないときに良い理由は、
前述したとおり、催眠効果のトリプトファンを含むこと。
トリプトファンは、体内で合成することのできない
アミノ酸のひとつで、脳でセロトニンを作り、
催眠、精神安定などの効果を与えます。
加えて、牛乳には、イライラを解きほぐす
カルシウムも含まれていますよね。

そして、最重要ポイントは「ホット」であること。
カラダを温めて、ほっと安心できます。

寝る前は、冷たい牛乳より、ぜひ温めて…!!(^^)
あ、風呂上りに腰に手を当てて飲む牛乳はぐんと冷たいですよね。
でもコレも、寝る前…理にかなってるのかな…!!

牛乳が嫌いな人は、牛乳を原料とするチーズもオススメです。
生クリームやミルクシチューなどの
脂肪分が多く、こってりしたものは止めておきましょうね。

ナイトミルクをご存知ですか?

前述でご紹介しましたナイトミルクですが、
もう少し詳しくご紹介しましょう。

ナイトミルクは、牛乳です。そのまま「夜の牛乳」です。

あれ?うなぎパイの「夜のお菓子」のように、
なんだか色っぽい感じがあまりしないのが不思議ですね。(^^;;

厳密に言うと、夜に絞っています。
催眠効果の高いメラトニンが、通常の牛乳より
3〜4倍と多く含まれています。
これは、通常、昼に絞る牛乳にも
メラトニンはもちろん含まれているのですが、
牛もヒトと同じしくみでメラトニンが作られていることから、
たくさん分泌される夜に牛乳を搾ることで
メラトニンをたくさん含んだ牛乳を得ることができます。

メラトニンは体内で作られる物質ですから、
副作用の心配もないのが良いですよね。(^^)

日本では、トクホを取らないと、
効果を大きくうたうことが出来ませんので
「眠れる牛乳」なんていう、ズバリ表記ができませんが、
牛がスヤスヤ寝ているパッケージや、
ナイトミルクと表記して販売されているので、
チェックしてみてくださいね。
お値段は、少し高めで、手は出しにくいかもしれません。

眠れない時にバナナが効果的

バナナと言うと、運動前に食べると、
すぐにエネルギーになってくれると言いますよね。

バナナには、消化吸収しやすい糖質が多く含まれています。
エネルギーを作りやすい成分ですよね。

で、このバナナ、実は寝る前にもオススメなんですよ。
特に空腹で眠れないときも、バナナです。

これは、空腹ということは低血糖でもありますから、
ブドウ糖を作りやすいバナナはもってこいです。
その上、睡眠効果のある「セロトニン」を作るために必要な
「トリプトファン」という成分も多く含んでいます。
また、興奮を抑えるマグネシウム、睡眠を促すビタミンB群、
ナイアシンなど多くの良い成分を含んだ
非常にバランスの良い食品なのです

見直しますよね、バナナ!すごい…!!

疲れている日は、あらかじめ食べておきましょう。
夕食にバナナをプラスしてはいかがでしょうか。
牛乳を加えてバナナシェイクにしたり、
色々アレンジも楽しめますよね。

癒しの果実「なつめ」

「棗」 この漢字読めますか?

某超有名作家さんの代表作品を読んでる方は、
主人公のヒロインの苗字がコレなので、スグ読めることでしょう。

ハイ、だから、もちろん私は、読めますよ。(^^)

この字は「なつめ」と読みます。
では、なつめって、何だと思います?

実は、あまりなじみのないものですが、食べ物なんですね。

このなつめ、ビタミンやミネラルが豊富で、
カルシウムやカリウム、精神過敏やうつを抑制する
葉酸が多く含まれているんです。

そう、快眠を得るためにいいものばかりなんです。

日本人ではそんなに見かけることはないのですが、
中国では、5果に数えられる非常にポピュラーな果物。
5果とは、もも・くり・あんず・すもも、なつめのことです。

3〜4センチぐらいの小さな丸い実で、
生でもいただけますが、ドライフルーツもオススメです。
なつめ茶もあるので、トライしやすいかと。(^^)
チャングムの誓いにもなつめ茶が登場しますよね。

眠りを誘うハーブティー

ハーブティーと言うと、気取った感じがしなくもありませんが、
最近では、様々な種類のハーブティーが販売されています。

その中でもカモミールは、グッドナイトティーとして定番です。
森のりんごと形容される香りは、甘酸っぱく
深い眠りに誘う効果があります。癒しの万能薬なんですよ。

この他にも、リラックス効果の高いラベンダーもオススメです。
ラベンダーの素晴らしいところは、香りもさることながら、
妊娠している人や子供にも安心して使えることですね。(^^)

何より、好きな香りのハーブティーがオススメです。
フレッシュでもドライでも、どちらでも大丈夫。
お好きなタイプで、おくつろぎ下さい。

ハーブティーは個性が様々で、
フレーバーによって、好みが大きく別れます。

いろんな種類があって、どれが好みか解らない、
1パック買っても、ハズレだとイヤだなと思う人は、
ミックスパックがオススメです。
色々な素材のものが少しづつセットになっているので、
味や香りを体験してみたいときには、
まずは、コチラから購入すると良いでしょう。

ハーブティを寝る前にオススメする理由はもうひとつ。
ノンカロリー&ノンカフェインなのですよ。(^^)

ハーブを育てて食材に

ハーブは西洋のもの、西洋料理に使われるものと思いがちです
しかし、日本にも、負けずとも劣らない
素晴らしいハーブがありますよね。

そう、日本ではおなじみのシソも、実はハーブの一種。
パチンと手のひらでたたくと素晴らしい香りがする
さんしょうも、立派な日本のハーブです。

このように、ハーブといえばハーブティではなく、
食べるのもモチロン効果的です。

ハーブには、様々な効果があります。
科学的に証明されていない効果もたくさんありますが、
その多くが効果を実体験して、
アロマセラピーなどに広く活かされていますよね。

睡眠に良いとされる食用ハーブの例を挙げると、
興奮を鎮めるチャービル、さわやかな香りのミント、
不眠解消に効果的なディルやチャイブなどがオススメです。
個人的には、バジルのさわやかな風味もオススメ!

色々なハーブを混ぜて、サラダで食べるととっても美味ですが、
フレッシュなハーブを手に入れるには、
スーパーより自分で育てたほうが安いし、早いですよ。
庭の隅、プランターでカンタンに育ちます。
キッチンガーデンもステキですよ。

日本人には、和のハーブ、シソもピッタリかもしれません。
あの落ち着いた香り、心が安らぎますよね。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005