睡眠障害とは?

不眠症も睡眠障害のひとつなのですが、
この睡眠障害にはなんと90もの種類があります。
睡眠障害に悩む年齢層は幅広く、思春期の頃から始まり、
初老のころまでの患者数が多くなっています。

眠れない不眠症、逆に眠りすぎる過眠症、
体内時計のリズムで生じる概日リズム睡眠障害などの
睡眠異常は一握りの代表的なものです。

特に日本では、精神生理性不眠、睡眠関連呼吸障害、
薬物依存性睡眠障害、概日リズム睡眠障害を持つ人が目立ちます。

この他、睡眠時無呼吸症候群も良く聞かれますが、
睡眠時呼吸器障害のひとつです。
肥満の人に多いとされていますが、
日本人の気道のつくりから見ると、肥満に限らず
この症状がおきることがあります。

無呼吸症候群は自分では気付きにくいものですが、
放置していると、日常生活に支障をきたすだけでなく、
睡眠中のホルモン分泌が正しく行われずに、
免疫力が低下して、感染症にかかりやすくなったり、
糖尿病や脳卒中など生活習慣病を招く危険があります。

cms agent template0035/0036 ver1.001