This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > 不眠症の症状と原因 > 睡眠に関わる病気を知ろう

睡眠に関わる病気を知ろう

不眠症も睡眠障害のひとつなのですが、この睡眠障害にはなんと90もの種類があります。睡眠障害に悩む年齢層は幅広く、思春期の頃から始まり、初老のころまでの患者数が多くなっています。眠れない不眠症。

睡眠障害とは?

不眠症も睡眠障害のひとつなのですが、
この睡眠障害にはなんと90もの種類があります。
睡眠障害に悩む年齢層は幅広く、思春期の頃から始まり、
初老のころまでの患者数が多くなっています。

眠れない不眠症、逆に眠りすぎる過眠症、
体内時計のリズムで生じる概日リズム睡眠障害などの
睡眠異常は一握りの代表的なものです。

特に日本では、精神生理性不眠、睡眠関連呼吸障害、
薬物依存性睡眠障害、概日リズム睡眠障害を持つ人が目立ちます。

この他、睡眠時無呼吸症候群も良く聞かれますが、
睡眠時呼吸器障害のひとつです。
肥満の人に多いとされていますが、
日本人の気道のつくりから見ると、肥満に限らず
この症状がおきることがあります。

無呼吸症候群は自分では気付きにくいものですが、
放置していると、日常生活に支障をきたすだけでなく、
睡眠中のホルモン分泌が正しく行われずに、
免疫力が低下して、感染症にかかりやすくなったり、
糖尿病や脳卒中など生活習慣病を招く危険があります。

睡眠時無呼吸症候群とは?

最近の事故で、睡眠時無呼吸症候群が
深く関わっているものがいくつかありましたよね。
記憶にありますか?

運転中に無意識に寝てしまって、事故を起したり、
電車やバスの運転手が、寝たまま運転をしていたり…

恐ろしい事故でしたよね。(;_;)

このような事例は、運転手が睡眠時無呼吸症候群で
あったことがわかっているものもあります。

睡眠時無呼吸症候群は、
睡眠中にのどの筋肉が気道をふさぐことから起こることで、
完全に気道をふさぎ、10〜90秒間、窒息状態になります。
全く呼吸音がなくなったと思ったら、
呼吸を再開すると、激しいいびきをかくのも特徴です。

こんなの、一緒に寝ている人には大迷惑なのですが、
本人は全く気が付いていないもの、特徴です。

睡眠時間も取れているし、ぐっすりと寝ているはずなのに、
いくら寝てもカラダの疲れが取れない、
仕事中に強い眠気が起こって仕事にならない、
こんなときは睡眠時無呼吸症候群を疑ってくださいね。

無呼吸症候群の3つのタイプ

睡眠時無呼吸症候群と一口に言っても、
これもタイプが3つあります。
3つ…というか、2こあって、1つはどっちもという分け方で
どっちもタイプの人も目立ちます。

というか疑問外ひとつ。
「気道が塞がる以外に何か他にもあるの?」ですよね。

あるんですよ〜。
少数派ですが、睡眠時に呼吸障害を脳が起こしてしまい
呼吸をする命令を出さない状態になるタイプです。

…困りますよね、これ…!!

以下にまとめましたので、違いをご確認下さい。
睡眠時無呼吸症候群のほとんどが、閉塞型か、混合型です。

閉塞型:呼吸をする時の上気道が塞がります。
中枢型:脳幹部にある呼吸中枢に障害が起こる。
混合型:閉塞型と中枢型のどちらも。

睡眠障害は早めに病院へ行く

恋の悩みや心の悩みなどは、解消すればまた眠りが戻りますが、
病的なことが原因になっている場合、
早めに病院へ行く必要があります。

睡眠時無呼吸症候群などは、症状に自覚はないものの
起きた時にけだるさ、疲れが残ったり、
日中の激しい眠気に襲われ、交通事故を起したり、
集中力の低下など、明らかに生活に支障をきたします。
また、高血圧や心筋梗塞などの重大な病気に
関わることもありますし、突然死を招くケースもあります。

この他、過眠症・居眠り病と呼ばれるナルコレプシーも
おかしいなと思ったら、受診してください。
あまり聞き慣れない病名ですが、
睡眠を十分に取っているにも関わらず、
日中ところ構わず寝てしまう症状が出ます。

はたから見たら「なんて人なんだろう」と誤解を受け、
本人もとても辛い思いをすることがあります。
睡眠障害のひとつですので、
病院で診察してもらってくださいね。

注意したい睡眠障害

睡眠中に体に起こる異常は、キケンなものもたくさんあります。

アルプスの少ハイジが、心を重く重く病んだとき、
夜中に、ゼーゼマンの屋敷内で
徘徊を繰り返すようになったシーンをご存知でしょうか?

物語・アニメの世界なので、
この病気はコレだというそんな描写はありませんが、
自然溢れるアルプスの山に帰りたいキモチからうつ状態になり
小さな体は沈んで、やつれて、危険な状態に陥りましたね。
医師のクラッセン先生に「夢遊病」と診断されて、
山へと帰り、元気を取り戻します。

このように、睡眠障害には、早く手を打たないと、
キケンなものがあります。

ひとつは、睡眠時隋半症(パラソムニア)。
突然起き上がり、数分〜30分歩き回ります。
徘徊中は、うつろで、寝ぼけたままでなかなか起きません。
小児に多いとされていますが、大人でこの症状が出たら
キケンですので、早めに病院に相談してください。

薬物因性睡眠障害は、幻覚を伴う意識障害を起こすこともあり、
専門医の指導を受けて、治療を進める必要があります。
薬物やアルコールなどを突然止めると起こる障害です。

また、本人がなかなか認めたがらない、うつや総合失調症は、
心の病気の代表です。不眠だけを見るのではなく、
精神の治療も進めて、相方向から改善する必要があります。

睡眠障害は何科にかかるのか?

睡眠の病院って、どこに行ったらいいのかな?

最初は、誰でもそう思うものですよね。

歯が痛かったら歯医者、目に異常を感じたら眼科と、
そのままだとどこに行けばいいのかとっても解りやすいのですが、
睡眠を看板に掲げている病院はなかなか見かけませんよね。

では、どこに行ったらいいのか、お答えしますね。
大学病院、総合病院などには、
睡眠障害専門の外来を設けているところもあります。
この他には、精神科、精神神経科、心療内科なども良いでしょう。
ハートクリニックというような、
親しみやすい名前を採用している病院もありますよ。

最初から専門医にかかるのではなく、
自分のかかりつけ医に相談するのもオススメです。
症状を述べ、医師の知識をもって改善策を伺うってみて、
それでも治らない時は、専門医へ紹介状を書いてもらうなど、
1人で思い悩むより、ずっと心強い味方に
なってくれることでしょう。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005