This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > 不眠症の症状と原因 > どうして眠れない?の謎 > メラトニン分泌の良いリズムを作る

メラトニン分泌の良いリズムを作る

メラトニンは体内時計をコントロールする
とても大切な役割を持つホルモンです。

朝日を浴びることで、メラトニンが大幅に減り、目覚めます。
夕方、太陽が沈む時間の頃から徐々に増え始めて、
目覚めの時間から約14〜16時間後に
眠気を誘うほどに多く増えます。

この体内時計、メラトニンのリズムを整えるには、
朝に起きて、朝日を浴びることです。
そして、眠くなってきたら、寝て、朝日と共に起きましょう。

これを1週間ぐらい続けると、早寝早起きが定着して、
よいメラトニン分泌の流れを作ることができます。

無理に寝ようとしても、メラトニンの分泌が十分でなければ、
寝ることはできません。
寝る時間だけを気にするのではなく、
起きる時間から、寝る時間までを総合的に見て、
規則正しい生活サイクルを身につけましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001