This page:睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法 TOP > 不眠症の症状と原因 > もしかして、不眠症?

もしかして、不眠症?

不眠症、その言葉は良く耳にしますよね。もしかしたら、悩んでいらっしゃるかもしれません。この不眠症とは、あまりにも漠然とそのままでちょっと気を留めて病気か、病気でないのか?と考えると混乱してしまいます。

不眠症って病気なの?

不眠症、その言葉は良く耳にしますよね。
もしかしたら、悩んでいらっしゃるかもしれません。

この不眠症とは、あまりにも漠然とそのままで
ちょっと気を留めて病気か、病気でないのか?と考えると
混乱してしまいますよね。

不眠症は、眠れない、眠ってもだるくて寝た気がしないなど
症状を現す言葉で、不眠症という言葉そのものは
病名にはならないのですが、
不眠症は、睡眠障害のひとつで
この睡眠障害は90もの種類があるとされています。

ややこしいですよね…(^^;;

例えば、頭痛も風邪も同じようなものです。
原因は様々ですが、全部ひっくるめて風邪、頭痛です。
風邪なら、ハナが出て熱が出てだるくて、
病院で風邪薬をもらったら風邪と呼んでいますよね。

不眠症は、そのものは病名ではなく症状なのですが、
その症状を引き起こす原因は、
病気であるという捉え方でよいでしょう。

…ん…、て、ことは、不眠症は病気でもあるのかな…??

原因が病気の不眠症

ここで取り上げる不眠症は、症状ではなく、
病気である不眠症をクローズアップしていきます。

ココロに重い悩みがあったり、患いがあると、
それのほとんどが、顕著に睡眠に現れます。
うつ病では、眠れない、眠りが浅いなどの
不眠から絶望的なキモチを深く持ってしまいます。
総合失調症では、被害妄想や幻聴などによって
生活が乱れ、眠れなくなってしまうのです。

この他に、脳の病気では、
脳出血、脳梗塞、パーキンソン病など挙げられます。
呼吸器系では、睡眠中の閉塞性肺疾患や、ぜん息、
皮膚疾患のアレルギー(特にかゆみ)、リウマチなど
このような様々な病気が眠れない原因となっています。

また、治療に伴って不眠を促進することがあります。
ステロイド剤や、降圧剤、ぜん息の治療薬などがそれです。

このような不眠は、放置したり、睡眠薬ばかりに頼らず、
病気の原因を突き止め、改善できるようにすること、
今出ている症状を抑えるようにすることが
根本的な改善のポイントです。

不眠の時間に3つのタイプ

不眠症、と一口にいっても、タイプがあります。
これは「おかしいな?」と感じる日数、期間で分けるもので、
不眠かなと自己判定する基準にもあります。

その原因はそれぞれ違いますが、
一過性のものを除いて、相応の治療が必要です。
病的なものの場合は、病気の治療を
急がなくてはいけませんので、早めに受診しましょう。

【一過性不眠】
心配事や悩みごと、ドキドキして眠れない、
ホテルや旅館に泊ると眠れないなど、誰にでも経験がある、
一時的な不眠です。治療は必要ありません。

【短期不眠】
ストレスが継続したり、トラブルに巻き込まれる、
病気などで1〜3週間の不眠が続く状態です。

【長期不眠】
本格的な不眠で、1ヶ月以上続きます。
病気の自覚はなくても、何らかのカラダの異常が
関わっていることもありますので、
内科、もしくは、精神科などに相談しましょう。

不眠の症状に4つのタイプ

不眠症は発症する時間で3つに分けることができますが、
症状でも大まかに4つに分けることができます。
これは、1つだけとは限らず、複数に当てはまる人もいます。

不眠症の継続する時間を基準にしたタイプと、
この症状におかるタイプを自分で把握しておくと、
医師に相談したり、自分で改善策を考える時にも便利ですよ。

例えば「短期の不眠で、入眠障害と中途覚醒があります」
こう伝えれば、スムーズですよね。

【入眠障害】
寝つきが悪く、寝付くまでに30分〜1時間半以上かかる人です。
病的なものより、キモチの問題であることが多く、
不眠の訴えで最も多いタイプです。深く悩まないことが大切です。

【中途覚醒】
何度も夜中に起きるタイプで、その後なかなか寝付けません。
2回以上目を覚ますと該当します。

【熟睡障害】
睡眠時間はしっかり摂っても、良く寝た気がしない、
寝たのに寝た感じがしない、眠りが浅いタイプです。

【早朝覚醒】
早い時間に目がさめて、その後眠れないタイプです。
お年寄りに多いとされていますが、寝る時間が早い上に、
加齢によって睡眠時間が短くなっているためで(自然現象です)
お年寄りの早起き=早朝覚醒障害というわけではありません。

ちなみに、私は「春限定の不眠症、中途覚醒多め」です。
bなぜなら、花粉症だから…??
ハナが詰まるので、苦しくて起きてしまうようです。(>_<)
女性は妊娠後期、「短期不眠、中途覚醒ばかり」ですよね。
苦しくて寝てられない…!(^^;;

世界的な不眠の基準

不眠は日本人だけの悩みではありません。
人間の悩みのひとつですから、
もちろん外国でも、たくさんの人が不眠で悩んでいます。

お国柄がまるまると出る解消法はあるでしょうが、
不眠にお国柄はありません。
基本的に同じ人間ですから、不眠のメカニズムは同じですよね。

そう、不眠には、世界共通の不眠チェックシートがあります。
世界規模で統一されたチェックシートって
なんだかスケールが大きく感じてしまいますよね。

アテネ不眠尺度(AIS)といいます。
世界保健機関(WHO)が中心になって設立した
「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」が作成したものです。

8つの設問に答えて、当てはまる症状の程度で
ポイントを加算していきます。
とてもカンタンな自己診断方法なので、
ぜひ一度試してみてくださいね。

アテネ不眠尺度で自己診断

では、不眠の世界基準のチェックシート、
「アテネ不眠尺度」で不眠の自己診断をしてみましょう。

紙と鉛筆、用意してくださいね。(^^)/

【自己診断の方法】
以下の質問を読んでください。
経験したことのある「睡眠トラブル」について、
過去1カ月間に、少なくとも週3回以上経験トラブルの程度を
4つの選択肢の中から一つを選びましょう。
項目に付けられた点数の合計で、結果を診断します。

【睡眠に関する質問】
1)寝つきはどうでしたか?(布団に入ってから眠るまでに必要な時間)
 0点:いつもより寝つきはよい
 1点:少し時間がかかった 
 2点:かなり時間がかかった
 3点:非常に時間がかかった、あるいは全く眠れなかった

2)夜間、睡眠途中で目が覚めることはありましたか?
 0点:問題になるほどではなかった
 1点:少し困ることがあった
 2点:かなり困っている
 3点:深刻な状態、あるいは全く眠れなかった

3)起きる予定の時間より早く目覚め、
  それ以上眠れないことはありましたか?
 0点:そのようなことはなかった
 1点:少し早かった  2点:かなり早かった
 3点:非常に早かった、あるいは全く眠れなかった

4)総睡眠時間は十分ですか?
 0点:十分である 1点:少し足りない 2点:かなり足りない
 3点:全く足りない、あるいは全く眠れなかった

5)全体的な睡眠の質は満足ですか?
 0点:満足している 1点:少し不満 2点:かなり不満
 3点:非常に不満、あるいは全く眠れなかった

6)日中の気分はどうですか?
 0点:いつも通り 1点:少し滅入った
 2点:かなり滅入った 3点:非常に滅入った

7)日中の活動についてどうですか?(身体的、精神的)
 0点:いつも通り 1点:少し低下した
 2点:かなり低下した 3点:非常に低下した

8)日中の眠気について
 0点:全くない 1点:少しある
 2点:かなりある 3点:激しい

【結果】
合計得点4点未満:睡眠障害の心配はありません。
合計得点4〜5点:不眠症の疑いが少しあります。
合計得点6点以上:不眠症の疑いがあります。

4点以上の場合は、医師に相談することをお勧めします。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005